開発経緯と「安いわけ」

「会員くん®」開発経緯と「安いわけ」

開発メーカーの「株式会社くらしのリーザ」代表の伊藤です。
私は現在「くらしを楽しむ部屋づくり」をテーマに1990年建築設計士の資格を取得して、「株式会社くらしのリーザ」の代表として、住まいと店舗のデザインを本業とし住まいのコンサルタントをしております。設計、新築、室内外リフォーム、住まいのコンシェルジュなど、住まいに関するあらゆる方向からのアドバイザーをしております。
また、イタリアとドイツのおしゃれな商材の輸入代理店を経営しており、2000年介護保険指定事業所・2003年東京目黒不動前に東京ショールームを開設しておりました。

 

■店舗に優しい、お客様にも安心なシステム「ショップリカ®」を自社開発

プリペイド型システムの開発ルーツは、2015年に私の息子がCaféをオープンしたときにさかのぼります。お客様の利用履歴データを集めて分析したい、珈琲チケットをプリペイドカードにしたい、という多くの店舗のオーナーさんが思うニーズからスタートしました。
また、Caféの営業はパートさんメインです。決済を現金ではなく簡単操作したい、コーヒーチケットもいいけど、より安く経費が抑えられるものがあったらいい、という意見から、独自のプリペイドカードシステムを作ろうと決まり、会員くんのベースシステム「ショップリカ®」を開発しました。
店舗オーナー、スタッフ、お客様のニーズから生まれたツールです。

こんなことはご経験ありませんか?

急なご来店、ご多忙なお客様がカードをお忘れになったり、紛失されることがありますね。カードの再発行の手間がなく、カードなしでも決済でき、入金をいつでも確認できるといいな、と思いますよね。また、電話での出金対応も可能な仕組みまで考慮して、ショップリカ開発しました。

「ショップリカ®」の改良

自社で使って便利なツールなら、他店にもぜひ使っていただきたい、ショップリカを知っていただければと思い、東京ビッグサイトのGift Show(Café・物販向けフェア)、ビューティーワールド(サロン、エステ向けフェア)およびインターペット(ペット向けフェア)に出展いたしました。
そこで、様々な業種・業態の経営者様、スタッフ様からのご意見を集めた結果、ショップリカのプリペイドシステムへ、お客様情報とカードを紐付けて活用する「会員証機能」、ポイント決済ではなく、回数券機能はもちろん、種別・利用期限機能(利用期間を限定してお得意様へサービスするなど)を搭載・展示し、さらなるお客様のニーズを収集しました。
展示会の声、アンケート集計により、プリペイドシステム導入には欠かせない、膨大な顧客情報入力作業時のミス・手間が問題になったこと、メリットはICカードの発行を100枚単位で対応している点とわかりました。

「会員くん®」の開発とリリース

店舗のオーナーさん、スタッフさんは多忙です。
更に、プリペイドカードシステムの導入までサポートしよう、ということで、初期会員登録の500件までの入力作業代行、専用ICカード100枚付き、集計・管理システムを搭載(お客様履歴・店舗残高集計)し、管理帳票が使えるよう改良、さらなるスタッフの作業効率化、作業時間短縮を目指しました。

「会員くん®」が安い訳

このような経緯で、自社に関係する店舗運営のために分析・改良を重ね「ベースシステム」を開発したため、システム開発費用を抑えつつ、リリース価格を大きく抑えることができました。導入しやすい、扱いやすい、管理しやすい、でも安いシステムです。

■他社との差別化

同じサービスの提供では生き残れません。
大手クレジットや〇〇Payは、どこでも使えます。が、誰かの(お客又はお店)手数料で運営されます。システムやサービスも各店で決められません。
くらしのリーザでは、店舗それぞれの特徴に合わせ、お客様サービスをアドバイスしております。
各店舗においてリピーターと売上を増す為には、各コンセプトを挙げお店独自の仕組みと顧客データを「会員くん®」にて活用して頂きたいと考えます。

決済手数料は0円。ビジネスには武器が必要です。「会員くん®」を活用し、自由に企画してみてください。

Copyright© ショップリカ/会員くん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.